2011年08月31日

得する生活―お金持ちになる人の考え方/橘 玲 11243

得する生活―お金持ちになる人の考え方 [単行本] / 橘 玲 (著); 幻冬舎 (刊)


★★★☆☆



不動産投資の本を書いていて、

年金のことをいろいろと調べているうちに読み始めてしまう。



日常生活の中でちょっと得する情報満載の本書。

惜しむらくは、2003年とちょっと発行年が古いことか。



でも橘玲さんの視点やものの考え方を学ぶには

いい本だと思う。

タグ:橘玲
posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

自分を「売る」力―斎藤流トレーニング/斎藤 孝 11242

自分を「売る」力―斎藤流トレーニング (講談社プラスアルファ文庫) [文庫] / 斎藤 孝 (著); 講談社 (刊)


★★★☆☆




身体論などが出てきてそれなりに面白いのだが、

タイトルとコンテンツがあまりマッチしていないのでは?

と思うのは私だけだろうか。



そういえば、とある「大学人氣ランキング」で

斎藤孝教授の明治大学が一番に輝いていたが、

この本にも誕生秘話が出てくる

「明治ですから!」が大きく貢献したのだろうか。

posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

超常識の方法―頭のゴミが取れる数学発想の使い方/小室 直樹 11241

超常識の方法―頭のゴミが取れる数学発想の使い方 (ノン・ブック 193 知的サラリーマン・シリ...


★★★★☆




小室直樹先生が大学か高校の数学の先生だったら

どれ程良かっただろうか、とため息をついてしまう本。



数学とは、無味乾燥な数式問題を数多く解くことにはあらず。

数学とは、グロービス経営大学院で学んだ論理思考とほとんど同義だ。

自分も含めて、だが論理思考がちゃんと身についている

日本人は本当に少ないなぁ、と本書を読むと改めて感じる。



日本の問題は、「自分は数学や論理思考に強い」という

幻想を抱いている人があまりにも多いことか。

その皆さんに、是非小室直樹先生の数多くの著書を読んで頂きたい。




posted by GAKU at 08:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

壁 ~どんな壁も乗り越えることができるセラピー/石井 裕11240

壁 ~カリスマ・セラピストが教える!どんな壁も乗り越えることができるセラピー~ [単行本] / 石井 裕之 (著); フォレスト出版 (刊)


★★★★★






何となく、惹かれて借りてくる。



何となく、惹かれる言葉を見つける。



 『壁』は、あなたに何を語りかけているのか―?

 あなたがそれを理解するまでは、

 『壁』は、断固としてあなたの前に立ちはだかり続けることでしょう。

 なぜなら、「壁」には、意味があるからです。

 

 本書では、




 『壁』とは、ある重要なメッセージである。




 という立場をとります。

 他ならぬあなた自身の潜在意識からのメッセージです。

 そのメッセージをを理解できれば、

 壁を超えるための適切なアクションプランを

 立てることもできるはずです。




壁、を感じることには意味があるのか。

壁は、何を自分自身に語りかけているのだろう。



 壁にぶつかったとき、「ああ、ダメだ」と考えるのではなくて、

 「これは、私が自分に持てる力をフルに出し切ったという証だ。

 私が全力を尽くした証拠なのだ」とむしろ感動してほしいのです。

 あなた自身を誇りに思ってほしいのです。

 そして、それができたときにはじめて、




 ここまで私は自分のポテンシャルを120%出し切ったのだ。

 だから、いままでの私を捨て、

 新しい私として生まれ変わるときがきたのだ。




 というふうに心から納得できる。

何かを捨てねば、これ以上の成長は出来ない。

それはよく分かっている。



では捨てるべき「今までの私」とは、何だろうか。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

成功大家になるための8つのメソッドと8つの条件/石川 達明 11239

成功大家になるための8つのメソッドと8つの条件 [単行本] / 石川 達明 (著); ダイヤモンド社 (刊)

★★★★☆


グロービス経営大学院内の公認クラブ、

「不動産ビジネス研究会」で書いていた

不動産投資の本の発売時期が11月に決定した。



震災が原因で遅れてしまったが、

震災の不動産マーケットに与える影響が一段落着くであろう、

今秋をターゲットにした。



校正段階なのだが、改めて類似書を

いろいろと読み返してみようと思った。



本書のいいところは相続などを絡めて

ケースをしっかり語れているところ。

我々の本は本書よりもターゲットが若く、

相続する不動産も無いフツーのビジネスパーソンだが、

これから人口が減っていく、相続する人が増えてくる日本では

相続を意識した不動産投資の本、

もあっていいかもしれないな、と思った。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める/ポール R.シーリィ 11238

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める [単行本(ソフトカバー)] / ポール R.シーリィ (著); 神田 昌典 (監修); 井上 久美 (翻訳); フォレスト出版 (刊)


★★★★★




最近読書スピードがちょっと落ちたな、と思い手に取る。

読書は帰宅時の電車内の合計40分ほどで行うのだが、

この頃その40分内に読みきれないことが多くなってきた。



スランプ、と言うほどではないだろうが、

この本を読むといつも読書スピードが速まる。



「自分は速読が出来る」という思いと言うか自信と言うか。

それが強まると速く読めるようになるのかもしれない。

「やっぱり自分は速読が出来るんだ」という

「思い込み」を今回もたくさんもらえた氣がする。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 速読・速聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

致知 2011年9月号:特集「生氣湧出」 11237

2011年9月号:「生氣湧出」



★★★★☆



今回も台湾の李登輝元総統をはじめ、

「これでもか」というくらいの凄いメンバーが登場。

致知をいつも読んでいると「凄い人」に馴れ過ぎてしまうのでは?

という心配をしてしまうくらい。



今月号で一番心に残ったのは、

シャープ創業者の早川徳次さんの記事。

シャープさんの本社は、大阪時代の現場や本部道場が

比較的近かったこともあり、馴染みのある場所。

シャープペンシルや液晶電卓、太陽光などで独創的な

発明、商品を発売しているユニークな企業だが、

早川徳次さんがこれほど過酷な人生を歩まれてきたとは

全く知らなかった。



現代の幼児虐待やDVもびっくりの子供時代にもめげず起業、

でも絶頂と思えたときに関東大震災で奥さんやお子さん二人、

そして工場も失う。

それでも一年後には現在の本社の場所で再起した、という。



「打たれ強い」などという安易な言葉では括りきれない、

早川徳次さんの氣合いはどこから生まれてきた、

どのように育まれてきたのだろう。



世の中には想像もつかないほど、

凄い方が無数にいるのだ。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 致知/人間学を学ぶ月刊誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

創造と変革の志士たちへ/堀 義人 11236

創造と変革の志士たちへ [単行本] / 堀 義人 (著); PHP研究所 (刊)


★★★★★




卒業して初めて読み返してみる。



何だかんだで麹町の校舎には未だによく行くのだが、

クラスの緊張感や予習復習での喘ぎのようなものは

久しく体験していない。

そんなものが、本書で味わえれば、と思って。



「吾人の任務」と続けて読んだので氣がついたのだが、

吾人の任務では「囲碁はやらない」と堀学長は書いていたのに、

この「創造と変革の志士たちへ」では、囲碁を織田信長や戦略と

結びつけて語っていた。



囲碁は父親が教えてくれる、と言ってくれていながら、

挑戦していない。

将棋を覚えたときにそれこそ寝食忘れて指し続けた思い出があり、

「頭脳ゲームにはまりやすい」自分を恐れているからだ。



でも、ちょっと興味が湧いた。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

原発事故 残留汚染の危険性/武田 邦彦 11235

原発事故 残留汚染の危険性 [単行本] / 武田 邦彦 (著); 朝日新聞出版 (刊)

★★★☆☆




以前、環境問題で何冊か読んだ、

武田邦彦さんの本。

原発関係が専門、とは知らなかった。。。


これを福島の皆さんが読んだら、

さぞかし辛いだろうなぁ、と痛々しく思いながら、読む。



難しいことをなるべく平たく語ろうとするのは好感が持てるものの、

何となく、何となく何かが引っ掛かって、

自分の中に受け入れれない。

この違和感は、何だろう。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

背中を押してくれる50のヒント/中谷 彰宏 11234

背中を押してくれる50のヒント (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ) [文庫] / 中谷 彰宏 (著); 三笠書房 (刊)

★★★☆☆




たまに、無性に読みたくなる、

中谷彰宏さんの本。



いいメッセージが多かったと思うのだが、

引っ掛かるものが無く。



読みたいから、と言って心に残るわけでもないのは

実に不思議だなぁ〜。

posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中谷 彰宏さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。