2011年01月13日

沢庵―とらわれない心/松原 泰道 11013

沢庵―とらわれない心/ 松原 泰道 (著); 廣済...

★★★★★




蔵書の一冊で、何度も読んでいる本のはずだが、

「これほど良い本だったかな?」という

新鮮さと驚きを以って、拝読。



沢庵といえば、徳川家光や柳生宗矩の師匠として有名だが、

私の中では吉川英治の名作「宮本武蔵」の中で、

武蔵に禅の心を説いた沢庵として、深く心の中に残っている。



 家光は「禅宗でいうさとりとは、どういうことか」と尋ねます。

 和尚は答えて、

 「さとりというものが別にあるのではない。

 迷いがそのままさとりになる。

 迷いがなければさとりはない。

 眠ることがなければ、目が覚めることがないのと同じです。

 迷いとは、心の眠っていること。

 心の眠りが覚めるのがさとりです。

 心が眠っていて覚めていないから、

 自分の本当のすがたに氣がつかない。

 人はとやかく自分のことばかり考えているために、

 かえって自分の真のすがたに氣づかず、

 見失ってしまうのです。

 『おのれ』という自我の念が取りきれないために、

 さまざまな欲や思いを生じ、道理にそむく心も起きるのです。

 このような心の乱れが治まり、心の曇りの晴れたのをさとりと申します」



仕事や武道に通じるものを感じる。



仏教を、改めて、学びたくなった。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180037159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。