2011年03月19日

東北地方太平洋沖地震におけるマッチングギフト方式の義捐金募集について

今週末は計画停電も無い様なので、久々の投稿。

年度末&業務の引継ぎに加え、
被災地に多くの管理案件を抱える管理会社とISP会社の本社側マネジメント担当として
今週一週間は震災対応に追われる日々だった。
心の狭い話で恐縮だが、社員及びその家族に死傷者は無かったようで、一安心。

でも、まだ1週間あまりで阪神大震災の死傷者数をはるかに超えており、
どれほどの被害になるのか、想像もつかない。
改めて、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、
被災地の皆様へお見舞い申し上げたい。

西宮で被災した阪神大震災では、
全国から温かい手を差し伸べていただいた。
ただ、当時のことを思い出すと、
自分の面倒もみれないボランティアが大勢駆けつけたり、
「・・・廃品回収か?」としか思えないような雑多な支援物資もあった。

身も蓋も無い話で恐縮だが、被災民・被災地として一番ありがたかったのは
「お金」であった、と思う。
何が必要なのか、足りないのかは、それぞれの地域によっても全く違う。
やはり一番活きるのは「義援金」なのではないか。

そんな中、母校のグロービス経営大学院が義援金を募っている。

「グロービス経営大学院プロジェクトKIBOW 共同企画
 東北地方太平洋沖地震におけるマッチングギフト方式の義捐金募集について」


義援金を申し込むと、グロービス経営大学院が上乗せ(マッチング)してくれるらしい。
ということは、2倍の支援をさせて頂ける、ということだ。
こちらはグロービス関係者のみならず、広く一般にも公開しているとのこと。
是非、多くの方に参加していただきたい。
posted by GAKU at 22:41| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。