2011年07月10日

父親のお見舞いに、静岡へ

この夏休み、両親を中国へ連れて行こうと思っていた。

母親が海外旅行に行ったことが無いので、

一度くらいは見せてやりたい、と。

得意の上海は暑すぎるだろうから、

大連か旅順あたりにしようかと話していた。



ところが、父親の体調が思わしくないらしく、

医者に海外旅行を止められた、とのこと。

どうやら夏バテで、養生が必要だと。

電話で話す限り、そうとう元氣がなさそうだ。

もう80近い、いい歳なので、心配になる。



慌てて金曜日の終業後、新幹線に飛び乗り三島へ。

家内は次女の喘息対策でちょっとお疲れ氣味なので、

小五の長女だけ連れて行く。

娘は一人で都内まで出てきてくれた。



夏バテにはうなぎだろう、

そういえば、三島はうなぎでも有名だ。

と思い、市内の有名なうなぎ屋さんをいくつかチェックしておいた。

ところが、親父に電話してみると、

「寿司が喰いたい」とのこと。

夏バテに生魚は具合悪いのでは?という思ったのだが、

どうしても寿司がいい、と言い張る。



三島駅からタクシーに乗り、親父お袋の家の近くまで向かい、

ピックアップして行きつけの寿司屋へ。



確かに普段よりは若干少なかったが、

それでも結構食べているし飲んでいるし。

生ビールどころかしっかり日本酒まで。

なんだ、元氣じゃないか(苦笑)。



金曜日夜も土曜日も予定があり、

それをすっ飛ばして駆けつけるほどではなかったかな。。。

まぁ、「いい意味での早とちり」で良かった、ということで。


posted by GAKU at 15:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214180986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。