2011年12月25日

新装版 自彊術入門―1日15分、31の動作で心と体が強くなる/池見 酉次郎 11359

新装版 自彊術入門―1日15分、31の動作で心と体が強くなる [単行本] / 池見 酉次郎 (著); ごま書房 (刊)

★★★★☆




合氣道は最強の健康法、だと思うが

難点が一つある。

一人ではなかなか思うように稽古ができない、ということだ。

一人稽古も無いことは無いのだが、

あくまでも稽古法、であって健康法、

としてはあまり確信を持てない。



そんな中、致知にこの自彊術(じきょうじゅつ)のことが出ていた。

この言葉で思い出したのだが、

そういえば昔可愛がってくれていた伯母が、

この自彊術をやっていた。

何かの縁か、と思い入門書を取り寄せてみる。



一日十五分、三十一の動作で心と体が強くなる、

のだそうだ。

何となく、だが「本物」の予感がする。



以前から多少出ていたのだが、

今年の秋冬は特に神経痛の症状が強く、

せいぜい週一回しか出来ない合氣道や、

薬・病院に頼らない「何か」を求めていたところ。



やってみたい、と思うのだが

写真の解説を見る限りではよく分からない箇所がいくつかある。

冬休みに動画でも探して勉強してみよう。


ラベル:自彊術
posted by GAKU at 08:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武道・武術・健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。