2011年12月27日

坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 11361

坂の上の雲〈3〉 (文春文庫) [文庫] / 司馬 遼太郎 (著); 文藝春秋 (刊)

★★★★★



NHKドラマ「坂の上の雲」はまだ観ていない。

年末年始の楽しみに取っておいてある。



ドラマを観ると頭の中での妄想と、

テレビでの映像がごっちゃになって

現実との境目がよく分からなくなる。



「坂の上の雲」で誰が好きかといえば、

この巻で壮絶な戦士を遂げる広瀬武夫中佐だ。

強さと優しさ、豪快さと繊細さを併せ持ち、

さわやかに笑って自ら死地に向かう。

NHKドラマでも、藤本隆宏さんという好漢が演じたのが

強烈な印象として残っている。



そのイメージを引きずりながら改めてこの三巻を読むと、

「あれっ?」と思うくらい、あっさり広瀬武夫中佐は戦死してしまった。

思い入れ思い込みが強すぎたのであろうか。



あと、名将マカロフ中将の戦死もNHKドラマでは

省略されていることに改めて氣がついた。

「マカロフじいさん」のあたりのストーリーは

結構好きなところなのだけどな。

これはちょっと残念。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242587239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。