2011年12月29日

ツイてる!/斎藤 一人 11363

ツイてる! (角川oneテーマ21) [新書] / 斎藤 一人 (著); 角川書店 (刊)

★★★★★




今年最後の斎藤一人さん本。



読んでいるときは「何だ、こんな簡単なことなど」

と思うのだが、なかなか行じきれない。

「ツイてる」を口ぐせにしようと決心しつつも、

舌を鳴らす自分もまだいたりして。



不惑になっても人間変われるのだ、成長できるのだ、

と思うことにしている。

来年も斎藤一人さんの本を読んで益々成長しよう。



posted by GAKU at 08:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

強運/斎藤 一人 11359

強運 [単行本] / 斎藤 一人 (著); PHP研究所 (刊)

★★★★★




斎藤一人さんが最近出された本。



 本当に強運な人は、「ひとつ上」に上がる努力をする人です。

 手が届くところに上がるんです。

 足が届くところに上がるんです。

 神様が、次にあがるところの手がかりをくれないなんてこと、

 ありません。

 もしくれなかったとしたら、本人の勉強不足です。



シンプルな教えだけど、ずしりと重い。

もうすぐ2011年が終わるけど、

どれほど「ひとつ上」に上がる努力が出来ただろうか。

まだまだ全然勉強不足だよな、

と今年一年を反省しつつ、読む。



この本で絶賛されていたのが、

この本。

耳で聞くD・カーネギー人を動かす オーディオCD版 [単行本] / デール カーネギー (著); 創元社 (刊)


 カーネギーの「人を動かす」は、世界中でたくさんの人に読まれている名著です。

 その「人を動かす」を読んで、「ここがちょっと納得いかないんです」

 とか言う人がいます。

 でも、この本は「世界の名著」なんですよ。

 世界中で愛読されている本なんです。

 だからもし、この本を読んで、「ここがちょっと・・・」って感じたら、

 その人自身の考え方が間違っているかもしれない。

 何かを学ぶときに、すでに成功している人のやり方をみて、

 「あの人のやり方はわかりにくい」とか

 「あのやり方は間違っている」とか。

 そんなことを言うもんじゃないんです。

 そんなこと言うんだったら、自分が本を書けば良い。

 その本が世界で「人を動かす」以上に売れたら、私が評価すしますから。

 モノを学ぶときには、もっと謙虚になるんです。

 「氣愛」をいれて、学ぶんです。





この名著は二度ほど読んだが、正直なところちょっと苦手だった。

「人を動かす」というタイトルが好きになれなかった。

でも、もっと素直に読まねば学ばねば、と反省。

「人を動かす」も、来年には七回、読んでみよう。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

幸福力(しあわせりょく)[CD付き]/斎藤一人 11356

幸福力(しあわせりょく)[CD付き] [単行本] / 斎藤一人 (著); マキノ出版 (刊)


★★★★★



まだまだ三回目。

まだまだ足りぬ。



 今日一日、人に親切にしよう。

 そして奉仕のつもりで働こう。

 それだけですごい魅力的になるから、

 いろいろやらなくていい。

 いろいろやるからできないんだから。

 一個やってください。

 一個だけでも天国言葉を使うようにする。

 「今日一日、人に親切にしよう」これを40回言う。

 「今日一日、奉仕のつもりで働こう」と、

 これも40回ぐらい言って、自分の今日の目的をはっきりさせる。

 それだけで十分ですよ。

 それだけやってごらん。



人にすきになってもらうコツ、だそうだ。

そのタイトルにちょっと抵抗があったのだが、

人の評価よりも何よりも、実に良い事を仰っている。

そのことに、今さらながら、氣がつく。



「人に親切、奉仕」

もっともっとできるよね。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

斎藤一人の絶対成功する千回の法則/斎藤 一人 11336

斉藤一人の絶対成功する千回の法則 [単行本] / 斎藤 一人, 講談社編集部 (著); 講談社 (刊)


★★★★☆



しょーもないことに氣がついたのだが、

本書のカバーを外すと、

「長者番付日本一」とあって、その横に

「斉藤一人」とある。



あれ、「斎藤一人」さんじゃないのかな??



七回も読んでいると、そんなつまらんことを

コメントしてしまうこともある(笑)。



いや、名前の間違い(違い?)は

人事部的にはエライことだよな。やっぱり。

posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話/斎藤 一人 11333

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話 [単行本] / 斎藤 一人 (著); 角川書店 (刊)


★★★★☆




最近、強化している斎藤一人さんの本。

早いところ、7回読もう、と思って。



今回も、この本で沁みたのは



 指導力より、指導される力


だ。



合氣道を学生に教えていると、

「指導される力」の無い学生の多さに驚く。

表情はにこやかながら「二度とお前には教えるか!」と

内心つい思ってしまうような学生もいる。



だが、ここを読んで、「自分にもそういう一面があるのでは?」と

氣づく。


自分にも多分にある要素だから、

ひとの「指導される力の無さ」を見ると、イヤなんだろうねぇ。



人のフリ見て我が身を直せ、だなと反省。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 11330

変な人の書いた買ったら損する本 [単行本] / 斎藤 一人 (著); 総合法令出版 (刊)


★★★★☆




七回読まなければならない、

斎藤一人さんの本。



強烈に印象に残ったのが

「商人はつねにえこひいきしていただく」

素晴らしいよねぇ。



商人のみならず、この世を楽しく生きるためには、

「えこひいき」されるようにならないと。



他人の評価ばかり氣にしてたらつまんないけど、

この「えこひいき」も、実に真実をついた言葉だよなぁ、

と深く頷く。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

微差力/斎藤 一人 11326

微差力 [単行本] / 斎藤 一人 (著); サンマーク出版 (刊)


★★★★★




圧倒的な結果、成果を出している斎藤一人さんが

仰るからこそ説得力がある、「微差力」。

微差の積み重ねが大差を生む。



 期待以上。

 どのくらい相手を喜ばせられるか。

 どのくらい相手を感動させられるか。

 これにつきます。



なるほど。

でも、人の欲には際限が無い。

常に期待以上、なんて、大丈夫なのか、

とちょっと不安になる。



 心配しなくていいですよ。

 人は際限のない創造物です。

 いくらでも、可能なんです。

 「常に期待以上のものをだす」

 と決意した人間には、天が味方します。

 そして、みんなが感動して喜んでくれたときの笑顔を見たとき、

 心の底から喜びがこみあげてきます。

 だから、期待以上を続けていれば、

 天も味方するし、世間も味方する。

 すべてが味方してくれるのです。

 だから、決して難しいことではありません。

 期待以上が、一番おもしろい!

 このおもしろさは、一度体験したら、もう病みつきですよ。


そうだろうな。

よし、やってみよう。

posted by GAKU at 08:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

斎藤一人 500年たってもいい話/斎藤 一人 11321

斎藤一人 500年たってもいい話 [単行本(ソフトカバー)] / 斎藤 一人 (著); PHP研究所 (刊)


★★★★☆




斎藤一人さんの本には珍しい、

ちょっと読者を突き放し氣味の本。

「こんなに丁寧におしえてやってんのに、

 なんでおめえはいつまでもわからないんだぁ?」

みたいな呆れや少々の怒りを感じる(苦笑)。



斎藤一人さんでさえも、時には呆れ怒るのだw






posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

斎藤一人 変な人が書いた驚くほどツイてる話/斎藤 一人 11316

斎藤一人 変な人が書いた驚くほどツイてる話 (知的生きかた文庫) [文庫] / 斎藤 一人 (著); 三笠書房 (刊)


★★★★★




この本も巻末に「7回読め」とある。



数えてみたら(このような時はブログは便利!)、

今回がこの本を読む、4回目。



「ツイている」と自然に口に出るときも

そうでないときもあるけれど、

あと三回読めば、

「健やかなる時も、病めるときも(笑)」

「ツイている!」と言い続けられるようになるのかな。



いや、「すべてのよきことが雪崩の様に起こる」のだから、

「病め」ることなど無いのか(笑)。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

斉藤一人の絶対成功する千回の法則/斎藤 一人 11301

斉藤一人の絶対成功する千回の法則 [単行本] / 斎藤 一人, 講談社編集部 (著); 講談社 (刊)

★★★★★



ちょっと尋常じゃない忙しさ。

早起きで出社も早いのに、

午前様が続いている。

毎日何時間会社にいるのだろうか。。。

正直なところちょっとへばり氣味


そんなときは、斎藤一人さんに元氣を頂く。



「こんなに仕事が出来て、本当にありがたいなぁ」

と1,000回、つぶやこう。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

ツイてる! (角川oneテーマ21)/斎藤 一人 11299

ツイてる! (角川oneテーマ21) [新書] / 斎藤 一人 (著); 角川書店 (刊)

★★★★★



結構久々な氣がする、斎藤一人さんの本。



ああぁ、「ツイてる」は口ぐせになりかけていたのに、

なかりいいところまでいってたのに。

油断したか。

最近忘れていたなぁ、と大反省。



「危ない人」と思われてもいいから、

「ツイてる」「ツイてる」と言い続けよう。

posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

斎藤一人 愛される人生/斎藤 一人 11197

斎藤一人 愛される人生 [単行本] / 斎藤 一人 (著); ロングセラーズ (刊)


★★★★★




頭が良くたって、仕事が出来たって、

スポーツが上手だからと言って、

「人生の成功」とは言えない。



田坂広志先生的には

「成長こそが成功」と仰るのだろうが、

娘たちには未だ分からないだろう。



その娘たちに歩んでほしいのが、

「愛される人生」、だ。



これは難しい。

頭が良くなり仕事が出来るようになり

スポーツが上手になるほうが、

よほど簡単かもしれない。

まして、「愛されたい」オーラむんむんしているヤツなんて

相当不氣味だ(苦笑)。



そろそろ長女には、この本くらいは読んでほしいなぁ。。。

posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

ツイてる! (角川oneテーマ21)/斎藤 一人 11188

ツイてる! (角川oneテーマ21) [新書] / 斎藤 一人 (著); 角川書店 (刊)


★★★★☆




斎藤一人さんは、小学生でも分かるような

簡単な事しか言わないけど、

それを「行ずる」のは実に難しい。



自分の至らなさに、イケナイとは思いつつも

ため息が出るばかり。



いつの日か、この境地に辿り着ける日が

来るのであろうか。

ラベル:斎藤一人
posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人 11169

斎藤一人 千年たってもいい話 [単行本] / 斎藤一人 (著); マキノ出版 (刊)


★★★★★




採用活動中は、実に多くの学生さん達との縁を頂く。



恐れているのは、「こなす」ことになりはしないかということ。



一人一人の学生さん達と正面から向き合い、

この貴重なご縁を一期一会として大事にしていければ、と。



斎藤一人さんのこの本も、実に慈愛に満ち溢れている。

この様な心を以って、学生さん達と接することが出来れば。

posted by GAKU at 08:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

眼力 (CD付)/斎藤 一人 11132

眼力 (CD付) [単行本] / 斎藤 一人 (著); サンマーク出版 (刊)

★★★★☆




斎藤一人さんが語る、

仕事や人、世の中の見抜き方。



この本も七回読まなくてはならないらしい(笑)。



初読の今回は、何だか「ふーん」という感じ。



この本を読みながら、昔愛読していた本

(漫画)を思い出す。



その本で、

「男にとって一番大事なものは何か?」

との問いに、主人公は

「審美眼である」

と答える。



美しいものを美しいと感じる力。



斎藤一人さんの言う「眼力」って、

そんなことなのかなぁと、

ぼーっと思っていたら読み終わっていた(笑)。



次回は、集中して読みたい。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

二千年たってもいい話/斎藤 一人 11129

二千年たってもいい話―夢の持ちかた夢の叶えかた奇跡の起こしかた魅力のつけかた (East Press Business) [単行本] / 斎藤 一人 (著); イースト・プレス (刊)


★★★★★




久々の、この本。



図書館から再度借りてきたのだが、

こんなに良いと買いたくなるなぁ。



 えー、「達人」の話をします。 

 えー、「嫌なヤツいたら、逃げろよ」って。

 で逃げられる範囲ならいいけど、

 「会社の上司なんですよ。逃げられねぇんですよ」って。



 で、オレたちね、楽しいゲームやってるの。

 そういう人は、このことを覚ておくといいよ。

 「嫌なヤツ」

 っていわないの、オレたち。



 あの、オレたちって、人をほめるゲーム、やってるの。

 そのゲームのなかで、「ほめよう」と思うんだけど、

 ほめようがないのがいるの。

 

 一部の隙も無いの、ハハ。

 そういうのをね「達人」って呼ぶの(笑)。



 「いや、ウチの会社に達人がいてさ。

  いや、一分の隙もないんだよ」

 とかって。



 そうすっとね、あの、「嫌なヤツがいて」っていう、

 報告をしているときってね、いいながら嫌な顔になってるの。

 ところがね、

 「達人がいて」

 っていうとね、おもしろい。

 「おい、おまえのところの会社の達人、最近、なにしてる?」

 とかってさ。



 「いや、達人、最近、こうですよぉ」

 とかって。

 もうそのときはね、笑い声で。

 今度、その達人がなにをやるか、

 もう楽しくてしょうがない、じぃーと見て(笑)。

 「今日はこういうこと、してましたよ」

 とかね。



 だから、ちょこっと見方を変えるかね、

 言葉を変えるとね、笑えるの。

 そいつがおかしくて、しょうがなくてね。

 「今日はなにすんだろ?」

 とか。

 みんなで、そのうち”達人会議”みたいなの開いて。



 「ウチの会社の達人はこうですよ」

 とかさ。

 そうすっと、笑えるじゃない?



 逃げるものは逃げる。

 怒るときは怒る、ね。

 逃げられないときは、ちょっと転化する。

 そうやって人生、生きていかないと、

 うまくいかないよ。いいかい。



 新幹線がまっすぐ走ってくるところにいたら、

 当たって死ぬよ。

 だけど、ちょっとだけずれて

 1メーターもずれたら、風しかこないんだよ。

 ね、たったそれだけなんだよ。




 まともにぶつかっちゃダメだよ、って。

 コロ、コロって、やっつけないとダメだよ、って。ね。




 オレみたく、なんか変わったこというときは、

 「変わってますから」とか。

 「少数意見ですから」とか、

 最初からいってりゃいいの。




 ね、できるだけ、もめごとを起こさない。

 それでも、つっかかってくるやつがいたら、

 ヒドイ目にあわせる。ハハ。




実に、合氣道的人生論、だなぁ。



合氣道でもまだまだだけど、

生き方は、さらにこの境地に程遠い。



でも何度も何度も斎藤一人さんの本を

繰り返し読んでいるうちに、

「そういうのもありなのかもしれない」

と段々と心のそこから思えるようになってきた氣がする。



このまま読みすすめれば、

「なんだ、こんなこと当たり前じゃない」

と思える日が来るかもしれない。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

斎藤一人 ツキを呼ぶセラピー [新装版]/斎藤 一人 11125

斎藤一人 ツキを呼ぶセラピー [新装版] (ムックの本) [単行本] / 斎藤 一人 (著); ロングセラーズ (刊)

★★★★★




すっかり口癖になった

「ツイてる!」と言う言葉。



我が家でもすっかり馴染んでいて、

特に3歳の次女が「ツイてる!ツイてる!」と

叫ぶのを見るとほほえましくなる(笑)。



昔から、運はかなり良かったと思うが

そういえば、本当に最近ツイてる。



「良きことが、怒涛のごとく」

とは、本当のことだな。



斎藤一人さんの本を益々読み込んで、

完全に自分のものにしたいと

改めて思う。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

斉藤一人の絶対成功する千回の法則/斎藤 一人 11119

斉藤一人の絶対成功する千回の法則 [単行本] / 斎藤 一人, 講談社編集部 (著); 講談社 (刊)

★★★★☆


定期的に読みたくなる斎藤一人さんの本。



「幸せだなぁ」という口癖も、

最近かなり自然に出てくるようになった。

変な目で私を見る人も多いが、

氣にしない氣にしない。



元々幸せだけど、

更に幸せが加速している氣がしてきたなぁ。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

斎藤一人 変な人が書いた驚くほどツイてる話/斎藤 一人 11091

斎藤一人 変な人が書いた驚くほどツイてる話 (知的生きかた文庫) [文庫] / 斎藤 一人 (著); 三笠書房 (刊)


★★★★★



今日から新年度。

新しい職場。



全く勝手のわからないところに一人飛び込む感じ。

正直ちょっと不安だけど、

「すべての良きことがなだれのごとく起こる」

ことを信じて、新しい一歩を踏み出そう。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

微差力/斎藤 一人 11089

微差力 [単行本] / 斎藤 一人 (著); サンマーク出版 (刊)


★★★★★



三回目。



一見、大差に見えても、

実は「微差」の積み重ねでしかない。

微差を積み重ね、大きな結果にしていこう、

という素晴らしい本。



二宮尊徳の「積小為大」を思い出す。



グロービス経営大学院でMBAを学んでも、

結局は「必殺技」なんて、無かった。

武道も始めて25年になるけど、

細かい細かい工夫の積み重ね、である。



1日1冊、なんて本当に小さい一歩一歩だが、

いつの日にか大きな花が咲くことを楽しみにしたい。

いや、読書は、毎日続けることそのものが

喜びであり目的・目標なのかも。



posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

斎藤一人 500年たってもいい話/斎藤 一人 11079

斎藤一人 500年たってもいい話 [単行本(ソフトカバー)] / 斎藤 一人 (著); PHP研究所 (刊)


★★★★★




もうすぐ、人事部に異動だ。



新天地への期待もあるが、

微塵も予想もしなかった先だけに

正直なところ不安もある。



 天職というのは、今やっている仕事なの。

 仕事には呼ばれるから、呼ばれた仕事は、つねに天職なの。

 次の仕事に行ったら、次の仕事を一生懸命やるの。




 成功のコツを教えるね。

 笑顔を見せるの。そして、いい返事をするの。

 笑顔でいい返事をすると、同じ給料で倍働くようになっちゃうの。

 そうすると、会社にとっても、周りの人にとっても、

 すっごくいい人だから、出世もするし、大事にされるの。


うん、そうだ。

きっと次の仕事も「天職」なはず。



笑顔で明るく楽しく、新しいミッションに取り組もう。

ラベル:斎藤一人
posted by GAKU at 07:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 11076

変な人の書いた買ったら損する本 [単行本] / 斎藤 一人 (著); 総合法令出版 (刊)


★★★☆☆


 六回ではダメですよ。
 七回以上ですよ。 



の教えに従い、4回目。




今日の氣分には、合わなかったかな。

あまり響かず。




変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 10221

変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 10135

変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 06272

posted by GAKU at 08:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話/斎藤 一人 11039

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話 [単行本] / 斎藤 一人 (著); 角川書店 (刊)


★★★★☆




前回読んだ時と同じく、

 

 指導力より、指導される力
に、感銘を受ける。



最近、合氣道も人生も、

「受け」が大事だとつくづく思う。



上手な技を死ぬほど受ける。

技を自らかけるよりも、

実はそれが一番上達への近道だったりする。



受けて受けて受けつくす。

そこから、また違った世界が

見えてくるんじゃないかな。


ラベル:斎藤一人
posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

斎藤一人の絶対成功する千回の法則/斎藤 一人 11028

斉藤一人の絶対成功する千回の法則 [単行本] / 斎藤 一人, 講談社編集部 (著); 講談社 (刊)

★★★★☆


多分四回目を読むことになった。



最近、娘と風呂に入ると、

「面白い話をして!」とせがまれる。



社会の仕組みだとか会社の仕組み、

株式会社とは?投資とは?なんてことを話している。

あとは、「お江」や「坂の上の雲」、

「龍馬伝」などから派生させて日本の歴史の話。

それが何だか娘には面白いらしく、

「今日は何の話してくれるの?」と。



でも、もっと哲学的なことも話したくなってきた。



お釈迦様、キリスト、孔子、王陽明や

中村天風先生はちょっと難しいし、

何か手ごろな「人としての生き方」を教えてくれる本

(正確にはネタ本)がないかと思ってたところ、

斎藤一人さんを忘れていたことに氣がつく。



そうだ。

斎藤一人さん考えを自分のもの、

家内に読ませるだけのものでなく、

娘にも伝えていこう。

小学生の頃から身に着ければ、

幸せな人生、間違いなし。

ラベル:斎藤一人
posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

幸福力(しあわせりょく)[CD付き]/斎藤一人 11017

幸福力(しあわせりょく)[CD付き] [単行本] / 斎藤一人 (著); マキノ出版 (刊)


★★★★★


「7回読め」という本書だが、まだ2回目。



 はじめに




 私が日ごろ考えていることですが、

 幸せになるためには、

 幸福(しあわせ)力がいる。

 体をきたえて筋肉をつけるように、

 幸福力をきたえて

 幸せになる。

 幸福力がないのに

 幸せになるのは無理。

 幸せになるのは、難しいことではありません。

 ぜひ、この本を読んでください。


 斎藤一人





幸福力、本当に大事な能力だと思う。

学力よりも運動能力よりも、

子供達に身に着けさせたい力、だ。



親父の思惑通り、長女の幸福力は相当高い。ムフフ。

次は、三歳の次女の番だ。ムムム。

自分自身の幸福力を更に磨き上げると共に、

それをまわりに伝播させる力も、持たねば。



 

 「すばらしい」と思ううちはできない




 「いい本だな」と思うということは、

 「いい本だ、ここに書いてあることはすばらしい」

 と、脳が初めて受け入れたから、そう思うわけです。

 

 人間、昔から知っていることが本に書いてあっても、

 「素晴らしい」とは思わないでしょう。

 ということは、脳が「すばらしい」と思っているうちは、

 実は、できないんです。

 

 1回目読むと「すごいな」と思う。

 2回目には「そうだよな」と思う。

 3回目には「そのとおりだ」と思い、

 4回目は「そうなんだよ」と。

 5回目になると「これはこのとおりだよ」

 6回目には「あたりまえじゃないか」

 そして、7回目になると

 「おれは昔からこういう考え方なんだよ」というふうに

 脳が、「あたりまえ」になっちゃうんです。

 脳でこなされたとき、自然と、そういう行動ができるんです。

 だから、1回しか読まないで、できるとか、できないとか、

 言えない。




いろいろな本で「7回読みなさい」「7回、聴きなさい」と

斎藤一人さんは良く仰っているが、

「7回の効用」をこれほどちゃんと教えて頂いたのは他に無かったかも。



「おれはむかしからこういう考え方なんだよ」

と美しい勘違いが出来るよう、

よき本は7回以上読みたい。


ラベル:幸福力 斎藤一人
posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ツイてる! (角川oneテーマ21)/斎藤 一人 10320

ツイてる! (角川oneテーマ21) [新書] / 斎藤 一人 (著); 角川書店 (刊)


★★★★★



この本には「斎藤一人の『上級の話』」

というCDが付いている。



冒頭で斎藤一人さんが

「100回聴きなさい」と仰っている。



私も最初は

「また極端な!」

と苦笑いした。

でも、「だまされて」みることにしたw。



16分程度しかないので、

朝の通勤時だけでも3回も聴ける。

新聞を読みながら、歩きながらだが。

通勤日だけ聞いていても

1ヵ月半くらいで100回に達することになる。

そう考えれば、意外と現実的な話だ。



斎藤一人さんのお話も、合氣道もきっと同じ。

頭で考えているうちは、全然自分のモノじゃない。

何十回も何百回も繰り返し繰り返し

自分の身体でやってみて、

昔から備わっていたものか、新しく身に着けたものか

自分でも分からなくなるくらいの「刷り込み」が

必要なものかと思う。


posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

斎藤一人 人生が全部うまくいく話/斎藤 一人10317


斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)

斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)

  • 作者: 斎藤 一人
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫





★★★★☆



そういえば、最近斎藤一人さんの本を読んでいないな、と。



 「商売」って、人様からえこひいきしてもらうこと」


という言葉が、好きだ。



商売だけじゃなく、「えこひいきされる」って

楽しく生きていく為には、大事だよな。



全然ロジカルでもクリティカルでも無いけれど(笑)、

「人生で大事なこと」ってそんな単純なことだと思う。

posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

幸福力/斎藤一人 10242


幸福力(しあわせりょく)[CD付き]

幸福力(しあわせりょく)[CD付き]

  • 作者: 斎藤一人
  • 出版社/メーカー: マキノ出版
  • 発売日: 2010/04/08
  • メディア: 単行本




★★★★☆

先日、斎藤一人さんのファンが集まるお店
に行ってみた。

最近は私以上に家内がファンになっているので、
家族総出!である。

 住所:
 〒136-0073
 東京都江東区北砂5-1-33
 砂町銀座商店街の真ん中にあります。
 TEL/FAX:
 03-5683-4910
 営業時間:
 朝11時から夜6時まで
 お休みの日はありません。


外から見ると正直なところかなり怪しく(苦笑)、
小さな子供連れの身にはかなり躊躇したが、
1時間もかけてやってきたので手ぶらでは帰れない(笑)。
思い切って入ってみることに。

長谷川さんというお顔もつややかな方が
温かく迎えてくださった。

いろいろとお話を伺ったり、娘達はカキ氷を頂戴しているうちに
あっという間に時間がたつ。

銀座まるかんの商品も、本もあったので、
折角なのでいくつか買い求める。

筋力同様、幸せになるにも幸福力が必要、というのが本書のテーマ。

この本も「7回読め」とのことなので、
所感は次回以降に。
posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話/斎藤 一人 10225


変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話

  • 作者: 斎藤 一人
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本





★★★★☆

 指導力より指導される力

に、改めて感銘を受ける。

全然、出来て無いなぁ。

100倍楽しく笑える?
いやいや、まだまだ私には
笑えない、笑えない。
posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 10221


変な人の書いた買ったら損する本

変な人の書いた買ったら損する本

  • 作者: 斎藤 一人
  • 出版社/メーカー: 総合法令出版
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 単行本




★★★★☆

タイトルからして、
何だか投げやりで木で鼻をくくったような本。
中身も一緒。

2002年の本だが、当時の斎藤一人さんって
今よりもかなりトンがっていたのかな?
とも思う。

 六回ではダメですよ。
 七回以上ですよ。
 

の教えに従い、今回三回目。

変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 10135
変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 06272
posted by GAKU at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 斎藤一人さんに学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。